FXで重要な単位だと覚えておこう

>

専門的な言葉を勉強しよう

通貨の単位になる単語

簡単にpipsを説明すると、相場が動いた時の最小単位になります。
直訳では、サイコロの目という意味です。
また点という意味も持っている英単語で、非常に小さいと言うことが分かりますね。
複数形でない場合でも、pipとは書かずに変わらずpipsと表現します。
例えば、1pipsという表現になると覚えておきましょう。

通貨は、0.01ずつ価値が動いていきます。
この1つ動くごとに、1pipsと呼んでいます。
初めて聞く単語なので、難しいと感じる人がいるでしょう。
ですがゆっくり調べると、そこまで複雑な内容ではないことに気づくと思います。
焦る必要はないので、意味を理解できるまで勉強を続けてください。
正しい意味を理解できれば、FXを成功しやすくなります。

pipsの読み方を知ろう

pipsの読み方は、ピプスです。
またピップスと呼ばれることもあります。
FXを初めて間もない初心者は、きちんとピプスと言っている傾向が見られます。
ですが何度も取引をしている上級者は、ピプと省略して呼んでいることがあります。
身近に、FXを長い間つづけて成功させている人がいたら、アドバイスを聞いてください。
その時にピプという単語が出たら、pipsのことだと思ってください。

自分で分からないところを調べても、理解できない可能性があります。
誰かに聞いて、説明してもらった方が分かりやすいです。
上級者が身近にいたら、FXのことを何でも聞いてください。
説明される時に専門用語を知っていないと、理解できず何度も聞き返す羽目になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る